爪を綺麗にする方法

足爪をキレイに早く伸ばすのを助ける食べ物は?

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

爪水虫を早く治すためにも、汚い爪は早く伸びて欲しいものです。

そこで今回は、足の爪を早く伸ばすのを助ける食べ物を紹介したいと思います。

足爪を早く伸ばす食べ物

足の爪を早く伸ばすには、たんぱく質を中心にバランスの良い食事を摂取するのがポイントです。

例えば無理なダイエットをしていて、慢性的な栄養不足の状態が続くと、末端にある爪には栄養が行き届かず、謙虚な悪影響が現れます。

爪の伸びが遅くなったり、爪の色つやが悪くなったり、爪が割れやすくなったり、もろくなったりします。

そうならないためにも、爪に良い食べ物を紹介します。

たんぱく質!

足の爪は髪の毛や皮膚の角質層と同じ、”ケラチン”というたんぱく質で出来ています。

たんぱく質は20種類のアミノ酸で構成されているのですが、たんぱく質の一種であるケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。

つまる、たんぱく質を食べないと爪の原材料が不足してしまうということになってしまうのです。

たんぱく質は足爪をキレイに早く伸ばすために、もっとも重要な栄養素といえるでしょう。

人間の体内で合成することができず、食べ物から摂取するしかないアミノ酸のことを”必須アミノ酸”と呼びます。必須アミノ酸は食べないとすぐに欠乏してしまうので、特に意識して摂取する必要があるでしょう。

肉類や魚介類類、乳製品や大豆製品などは必須アミノ酸が豊富に含まれています。意識して食べるようにしましょう。

ポリアミン!!

先ほどたんぱく質は20種類のアミノ酸の組み合わせで構成されていると紹介しました。

ポリアミンはアルギニンというアミノ酸を基にして、体内で合成される成分です。

このポリアミンには細胞の新陳代謝を助ける役割を持っています。

ポリアミンがあると細胞分裂が活性化し、老化を予防したり、動脈硬化を予防する効果などがあります。

そんなポリアミンは、爪が活発に細胞分裂をしている”爪の根元部分”でも活躍しています。ポリアミンは新陳代謝を活性化させることで、爪の根元でケラチンが作られるのをサポートしているのです。

ですが、体内のポリアミンは加齢やストレスでだんだん減ってしまうともいわれています。高齢になり、体内のポリアミン量が減っていくと、それに伴い爪が伸びるスピードも遅くなっていくのです。

ストレスや加齢でポリアミンが減ってきたとしても、ポリアミンを含む食べ物を積極的に摂取すれば、体内のポリアミン不足を補うことができます。

ポリアミンが多く含まれた食品を紹介します。

  • 大豆製品
  • きのこ類
  • 鶏肉
  • チーズ・ヨーグルト

特に高齢になってきて「爪が汚いなぁ」とか「爪が伸びるのが遅いな」と感じてきたら、これらの食べ物を積極的に摂取することで足の爪をキレイに早く伸ばすサポートをしてくれるでしょう。

まとめ

爪はケラチンで出来ていて、ケラチンはアミノ酸で出来ています。

アミノ酸を摂取するのが、キレイな足爪のためには大切なようです。

ポリアミンや良質のたんぱく質が含まれた爪に良い食品は、大豆製品乳製品ではないでしょうか。

 

とはいえ、今回紹介した食べ物は「これを食べれば爪が早く伸びるよ!!」という劇的な効果を持っているわけではありません。あくまでも健康的でキレイな爪が伸びるのに大切な食品です。

キレイな爪を生やすためにも、普段の食生活にプラスして牛乳や豆乳、納豆やヨーグルトなんかを食べるのがオススメですね。

 

クリアネイルショットにはポリアミンが配合されている

クリアネイルショット公式サイトより参照

爪水虫をケアするクリアネイルショットには、ちゃんとポリアミンが配合されています。

しっかりと栄養バランスのよい食事をしつつ、クリアネイルショットを使い続けれれば、足の爪が健康的に伸びるのをしっかりとサポートしてくれるでしょう。

-爪を綺麗にする方法

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.