爪を綺麗にする方法

ガサガサした爪表面をキレイにケアする方法

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

水仕事のやり過ぎによる爪の乾燥。

ペディキュア、マニキュアを毎日使い続けることによる爪へのダメージ。

つけ爪を付けたり剥がしたりを繰り返しちゃう。

過度なダイエットによる栄養不足。

そんな習慣のひとつひとつが積み重なると、爪の表面が白くガサガサになってしまいます。

見た目が最悪になって悩んでいる方も多いでしょう。

皮膚科の医師に相談しても「乾燥が原因だから、しっかり保湿していれば大丈夫だよ~」と誰でも知っているようなアドバイスを受けて終わり。

(それをやってダメだったから皮膚科に来たんじゃないか!)

と、心の中で叫びます。

 

普段からハンドクリームで保湿を心がけても、ネイルオイルで保湿しても、爪によいタンパク質の摂取を心がけても、爪の状態はまったく良くならない…。

このような経験を持っている方のために、手の爪や足の爪やを綺麗にするケア方法ネイルオイルより効果的な爪ケアグッズを紹介します。

ガサガサ爪に保湿が効果的でない理由

まずは、ガサガサ爪に対して保湿クリームやネイルオイルが効果的でない理由をお伝えします。

そもそも爪というのは、ケラチンというたんぱく質の一種からできています。

なぜ爪が必要かというと、手の爪は何かを持つときに便利だったり、足の爪は”踏ん張り”を利かすために存在しているとされています。(足の爪がないと転倒のリスクが上がります)

このケラチンでできた爪はプラスチックのように固く、表面にクリーム状のものを塗ってもあまり浸透していきません。

とはいえ、完全に防水使用というわけではなく、例えばお風呂にゆっくりと入った後は、爪も水分を吸収して柔らかくなっています。(余談ですが、風呂上がりの柔らかい状態で爪を切るのがオススメです)

 

このような特徴を持つ爪に保湿クリームを塗ったり、ネイルジェルを塗ったらどうなるか?

確かに爪内部の水分を保持する効果はあるでしょう。

ですが、すでにガサツいた爪表面を補修する効果はありません。

もし”保湿”だけで爪を綺麗にしたいのなら、完全に爪が生え変わるまでクリームを使い続ける必要がありますね。

 

つまり、保湿クリームやネイルオイルはガサガサした爪にならないように保護することはできても、すでにガサガサ状態になってしまった爪をケアするには限界があるということなんですね。

過度なダイエットもガサガサ爪の原因になる

食事制限をメインとした過度なダイエットも、爪をガサガサのボロボロにしてしまう原因になります。

先ほど爪はケラチンから出来ていると説明しましたが、ケラチンはタンパク質の一種なので、しっかりとタンパク質を食べていないとボロボロになってしまいます。

食事制限をするとタンパク質はもちろん、ビタミンやミネラル分も不足することになり、爪の表面がガサガサになってしまうでしょう。

同時に爪と同じくケラチンでできている髪の毛も細くなり、抜け毛が増えていきます。肌の状態も悪くなり、シミやシワのリスクもあがってしまいます。

ダイエットはバランスの良い食事をしたうえで、運動で消費カロリーを増やして行いたいですね。

ポイント

ダイエットと同様にインスタント食品や外食、ジャンクフードがメインのバランスの悪い食生活も、ガサガサ爪の一因になります。

「最近野菜を食べていないな~」

なんて方は注意が必要ですね。

では、栄養不足でガサガサになった爪はどうすればキレイになるのでしょうか?

一番大切なのは、ダイエットを中止してバランスの良い食事を心がけること。

そうすれば肌の”ハリ”が復活して、少しずつ爪の状態もよくなっていくでしょう。

栄養不足を補うサプリメントを使ったり、ネイルオイルで保湿するのもいいですね。

 

ですが、もしダイエットをやりつつも爪を綺麗な状態に保ちたかったり、栄養バランスの悪い食生活から爪を守りたいのであれば、爪そのものに栄養を与える必要があります。

爪に栄養を与える爪ケアジェル

ガサガサした手の爪や足の爪を綺麗にするには、ただ保湿するだけのクリームやオイルを使うだけではダメ。

①しっかりと爪を保湿できる

②爪に栄養を与え、爪の補修効果が期待できる

③硬い爪の奥まで浸透する

この3つの特徴を兼ね備えていなければなりません。

ドラッグストアを探しても、ネイルオイルは販売していても、ここまで爪のケアに特化した商品は販売していません。

そんな中で、この3つの特徴を兼ね備えた商品がクリアネイルショットαです。

クリアネイルショットαは、爪表面のガサガサをケアするために作られた商品です。

爪の表面は通常であれば水をはじきますが、オイルに対しては馴染みやすいという特徴があります。クリアネイルショットαはこの特徴を生かした「浸透力特化製法」で作られていて、配合されたアプローチ成分が爪の奥まで浸透します。

 

クリアネイルショットαには「スクワラン」や「アボカドオイル」が配合されていて、爪をしっかりと保湿してくれます。また「ポリアミン」という成分が健康的な爪になるサポートを行います。

さらに竹酢液、テルピネン-4-オール、α-テルピネオール、シトラール、シトロネラールといった成分が爪に浸透し、カサついた爪を滑らかで綺麗な状態にしてくれます。

もし、ず~っと手の爪や足の爪の表面のガサガサに悩まされているとしたらクリアネイルショットαを使ってみるのがオススメです。

クリアネイルショットαを手の爪に使う際のポイント

クリアネイルショットαの販売サイトを見ると足の爪に使うように説明されていますが、手の爪にも問題なく使えます。

使う頻度は1日に1回でOK!!

基本的にお風呂に上がった後の爪の柔らかい状態で、気になる爪にジェルを塗布します。

爪全体、そして爪の根元までしっかりと塗布しましょう。

とはいえ、手はいろんなものを掴んだり洗ったりするので、爪に塗っても取れてしまう可能性があります。

そこでクリアネイルショットαを手の爪に使う場合は、就寝前に塗るのがオススメです。

クリアネイルショットαは爪のターンオーバーもケアしてくれます。睡眠中は成長ホルモンの分泌も盛んになるので、爪の補修も進むでしょう。

クリアネイルショットαを手の爪に使うポイント

①お風呂に入った後に使う

②就寝前に使う

この2つを守れば、アプローチ成分が爪にしっかりと浸透して、ガサガサの爪をケアしてくれるでしょう。

 

私自身も使ってみたのですが、大体2週間くらい毎日使い続けると、ホントにすごくキレイになります。

オススメです。

手の爪や足の爪をガサガサにしてしまう生活習慣

次に、爪の表面がガサガサになってしまう原因と対策を紹介します。

爪の乾燥でガサガサに!

果物を放置しておいて乾燥してしまうと、表皮が乾燥してカサカサになってしまいます。お肌も同じで乾燥によるカサツキは肌荒れの一番の原因。肌の保湿は美肌のためにもっとも大切な要素ですね。

硬い爪は乾燥とは無縁と思いがちですが、爪も乾燥しますし、爪内部の水分量が減ると脆く、傷つきやすくなります。

 

冬などの乾燥した時期には空気を保湿するのが大切。

食器を洗ったり手を洗ったりした後は、しっかりとタオルドライした後に爪の保湿を心がけるのが大切ですね。

栄養不足で爪がガサガサに!

ダイエットで無理な食事制限が続くと、爪もボロボロ・ガサガサになってしまう可能性があります。

爪はたんぱく質の一種であるケラチンで出来ていますが、もし栄養不足が続くと、健康な爪を維持するのが難しくなってしまうからです。

特に女性は無理なダイエットの悪影響が強く出るので注意が必要です。栄養不足は肌をガサガサにするし、抜け毛も増えてしまいますし、爪の健康状態も悪化させてしまうでしょう。

慢性的な栄養不足に陥ると、摂取した栄養素が優先的に生命維持に回されます。髪の毛や肌、そして爪への栄養補給は後回しにされてしまうんですね。

だから栄養不足の悪影響が出やすいのです。

爪を健康に保つためにも、適度にバランスの良い食事を心がけ、運動によるカロリー消費でダイエットするのがいいですね。

Nailly(ネイリー)加齢で爪がガサガサに!

爪の表面がガサツいたりするのは、加齢が原因の可能性もあります。

若いころは何のケアもしていないのに綺麗な爪だったとしても、30代以降にもなるとしっかりと自分でケアしておかないと爪にも年齢が現れてきます。

爪をマッサージして血行を良くしたり、バランスの良い食事を心がけたり、爪を保湿して栄養を与える爪ケア商品を使うのが爪アンチエイジングにとって有効です。

爪マッサージは、爪の両端をつまんでギュッ!ギュッ!と揉むだけ。気持ち良い程度の力で続けると、爪の血行が促進されて綺麗な爪を保つために良い効果があります。

また、爪の側面には”ツボ”があり、リラックス効果も期待できます。

ちょっと疲れを感じたりした休憩の時には、爪マッサージを行うことで精神的にもリラックスできるので一石二鳥ですね。

爪のガサガサを綺麗にする方法まとめ

保湿クリームやネイルオイルは爪のガサガサを綺麗にする効果はなく、あくまでも予防策に過ぎません。

保湿するだけでは、ガサガサした表面を滑らかにする効果はないからです。

すでにガサガサになってしまった爪をケアするには、「爪を健康に保つ予防策」と「爪の補修対策」とを同時に行う必要があります。

爪を健康に保つ予防策

  • しっかりと栄養バランスの良い食事を心がける。
  • 爪に負担を与えるマニキュアやペディキュアは毎日やらずに、爪を休ませる期間を設ける。
  • 爪を揉んでマッサージして血行促進させる。
  • 部屋の加湿や爪の保湿を心がけ、乾燥しすぎを避ける
  • 水仕事や爪を傷つける作業をするときは手袋をつけるのも効果的

爪を補修し栄養を与える

一度ガサガサになってしまった爪を綺麗にする方法は限られています。

ですが生活習慣を改善しつつ、しっかりとケアをし続ければピンク色で表面の滑らかな爪を取り戻すことは可能です。

特に爪を見られる機会が多いのであれば、日々の爪ケアを欠かさないことが重要。

さらにしっかりと爪ケア商品を使うことで、爪へのダメージを軽減し、加齢による爪の変化も最小限にとどめることができるでしょう。

 

もし短期間でガサガサ爪をケアしたいのなら、直接爪に塗布して、爪の保湿と補修を行ってくれるクリアネイルショットαを1か月ほど使ってみるのがいいでしょう。

-爪を綺麗にする方法

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.