クリアネイルショットの情報

クリアネイルショットを使う前にやっておきたい、白濁して変色した爪をヤスリで削る方法と注意点。

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

にごり爪のケアのためにクリアネイルショット使う場合、その効果を最大限に生かすために、まず変色した爪の部位をヤスリで削り取るのがオススメ。

クリアネイルショットは硬い爪に塗布しても、特別な浸透力特化製法のジェルが奥まで浸透してくれます。

ですが、なるべくならにごり爪の部分は少ない方がいいでしょう。

クリアネイルショットを使う前にやっておきたい、にごり爪をヤスリや削るときの注意点を紹介します。

クリアネイルショット

白濁部分をヤスリで削る際の注意点!

まず必要なのが爪を削るヤスリです。

爪をキレイにするための爪ヤスリもありますが、あれは爪の表面をきめ細やかに美しく仕上げるためにあります。にごり爪の部分を削り取るには、圧倒的に削り力不足です。

紙ヤスリなんかはもちろん使えないので、爪を削るヤスリは鉄製のものがオススメです。

 

気分的にも専用のヤスリを購入したほうがいいでしょう。近所の量販店や100円ショップなんかにも置いてあると思います。

私は100円ショップで購入したヤスリを愛用しています。

yasuri

100円ですが、機能的に何の問題もありませんよ。

ヤスリの使用前と使用後のにごり爪画像!

こちらが私のにごり爪や分厚くなってしまった爪の画像です。

yasuri2

爪全体がめっちゃ汚いですね。白濁した部分をなるべくヤスリで削る必要があります。

まずは爪切りで切れる部分は切ってしまい、その後に丁寧にヤスリで削ります。

tumeyasuri3

ポイントは力を入れすぎないこと。

力を入れすぎると、爪に下の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。丁寧に、優しく、少しずつ削っていきます。いろんな角度からヤスリを当てるのも重要ですね。

にごり爪の部分は脆くなっているので、軽い力でも削り取ることができます。削っていると白濁した爪が粉状になってい飛散する可能性があるので、水で濡らしながらヤスリをかけるのがオススメ。そうすれば粉状の爪が飛散することはないでしょう。

tumeyasuri2

削った後の白い粉末状の爪が付着しています。サッと洗い流しましょう。

 

爪の一部分だけがにごり爪になってしまった場合は、その部分だけを上手く削り取ります。とはいえ、やりすぎて健康な爪までも削ってしまってはいけません。

 

ヤスリで削った後に粉末を水で洗い流すとこんな感じになります。

tumeyasuri1

小指はもちろん薬指の方も、完ぺきとは言えないものの、できる限り削り取りました。

特に小指は酷い状態なので、ほとんど爪がなくなる勢いで削り取りました。

 

この後にクリアネイルショットを塗布すれば、これから伸びてくる爪に有効に作用しそうですね。

もちろん、すぐにピンク色のきれいな爪が生えてくるわけではありません。ですが、マメに白濁した部分を削り取り、継続して塗り薬を塗布することで、確実に汚い爪が健康的になっていくでしょう。

私自身は2~3か月ほど使い続けることで変化を実感しました。

まとめ

爪は小さいので、ヤスリはなるべく細く小さなものが使いやすいと思います。

①まずは爪切りで爪の白濁した部分を切る

②その後、鉄製のヤスリでにごり爪部分を少しずつ削っていく

③クリアネイルショットをを塗布する

この手順です。

 

一番大事なのは、少しずつ丁寧に削っていくこと。力を入れすぎると、皮膚を傷つけてしまうので気をつけましょう!!

私なんかは、一度力を入れ過ぎて少し血が出てしまいました…。

もし皮膚を傷つけたと思ったら、その日は念のため、クリアネイルショットをを塗布するのは控えた方がいいでしょう。

 

*爪専用のヤスリは爪をピカピカにする効果はありますが、爪を削り取るのには心もとありません。使うのならクラフト用のヤスリがオススメです。

-クリアネイルショットの情報

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.