クリアネイルショットの情報

クリアネイルショットが効かない理由は使い方が間違ってるから?正しく使用する5つのポイント

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

白濁した爪をキレイにする成分の含まれたクリアネイルショットですが、正しく使用しないとその効果が半減してしまいます。

「何カ月もクリアネイルショットを使い続けているのに、一向に爪がキレイにならないよ!!クリアネイルショットぜんぜん効かないじゃないか!!」

なんて思っている人も多いかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

ひょっとしたら足の爪がキレイにならないのは、クリアネイルショットが悪いのではなく、クリアネイルショットの使い方が間違っているからかもしれません。

今回は素早く変化を実感するための、クリアネイルショットの正しい使い方を紹介します。

クリアネイルショット

クリアネイルショットを使用するための5つのポイント

①塗るのは1日1回でOK!!

クリアネイルショットを患部に塗るのは1日にたった1回で十分。

そのタイミングは必ず入浴後にしてください。

普段は硬いケラチンでできている爪も、入浴後であれば柔らかくなっていています。お風呂に入ったあと、しっかりとタオルドライして乾かした後に塗布します。

お風呂に入った後は、クリアネイルショットの有効成分が爪の奥まで浸透しやすい状態なのです。

 

もし変化を早く実感したければ、1日2回の塗布が有効です。その場合、入浴後に1回、朝起きて1回使いましょう。

②クリアネイルショットの塗り方のコツ

クリアネイルショットは透明のジェル状です。このジェルを直接、足の爪に乗っけて、指先でよ~く刷り込みます。

目安ですが、爪の大きな親指は5ミリくらい、そのほかの指の爪は3ミリくらいの大きさのジェルを出します。

それを指一本一本、丁寧になじませましょう。

塗るタイミングは先ほども申し上げた通り、お風呂に入った後がベスト。

入浴後は爪が柔らかくなっているので、有効成分が浸透しやすいです。

③爪ヤスリで爪を削っておく

クリアネイルショットの効果を上げるには、爪の変色した部分を塗布前になるべく自分で削り取っておくのも有効です。

爪ヤスリなどを使って爪をメンテナンスしておけば、クリアネイルショットのアプローチ成分がより効率的に爪の奥まで浸透するでしょう。

クリアネイルショットを使う前にやっておきたい、白濁して変色した爪をヤスリで削る方法と注意点。

④塗る範囲は広く!

例えば変色しているのが爪の一部分だけだったとしても、クリアネイルショットを爪全体に塗るのが大事です。

爪全体、甘爪(爪の生え際の色の変わっている部分)、爪と皮膚の接している部分に、まんべんなく塗布しましょう。

特に大事なのは爪と皮膚が接している部分です。爪と皮膚の境目にある「爪床」といわれる部分にクリアネイルショットを塗布することで、アプローチ成分が浸透していきます。

爪と皮膚の面している溝の、なるべく奥の奥までクリアネイルショットをなじませましょう。

⑤一番大事なのは継続

クリアネイルショットを使い方を紹介してきましたが、一番大事なのは「継続して使い続けること」です。

今まで紹介した4つのポイントよりもはるかに重要!!

少しくらい使い方が間違っていたとしても効果はありますが、継続しなければにごり爪は絶対に綺麗になりません。

使い続ければ必ず変化が実感できると信じて、毎日お風呂上りにクリアネイルショットを使い続けましょう。

 

私自身の経験を踏まえて言えば、早くて10日~2週間くらいから爪の表面が変わってくるのを実感できると思います。

もちろん、見た目がとてもきれいになったと思っても、しばらくはクリアネイルショットを使い続けるのが大事です。

よくなったと思って使うのをやめてしまったら、その数か月後にまたにごり爪になってしまうかもしれません。そうなったら、それまでの努力が無駄になってしまいます。

 

継続こそ力なりです。

一度使い始めたら、キレイなピンク色の爪になるまで、徹底的に継続して使い続けましょう。

買ってみてわかった、上手なクリアネイルショット定期購入コースの使い方

-クリアネイルショットの情報

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.