爪を綺麗にする方法

[画像]足の爪に白い線が入ってる場合の原因と対処法

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

足の爪に白い横線が入っていて、汚く見える場合があります。足の爪が汚いと、サンダルもはけないし、プールにも行けないし、来客があった時も裸足で対応できません。

実は、私自身も爪に白い線が入っていました。

今回は足の爪に白い線が入る5つの理由と、効果的な対策を紹介します。

白い線の入った足の爪の画像と、改善策を行った後の爪画像を紹介するので、汚い爪画像がみたくない方はご注意を!

クリアネイルショット

足の爪に白い横線が入る理由とは?

こちらは、私自身の足の中指の爪画像です。白い横線が入っていて、とっても汚く見えますね。

爪はたんぱく質の一種である”ケラチン”で出来ていて、さまざまな理由で変色する場合があります。

白い線の原因を紹介します。

食生活の乱れ(栄養不足)

足の爪は栄養不足で変色したり、白い線が入る場合があります。

特に爪に新陳代謝に重要な、ビタミンB群や亜鉛の不足が続くと爪のコンディションが悪化する一因に。

極端なダイエットや、偏食を改善し、バランスの良い食事を心がければ、キレイなピンク色の爪が生えてくるでしょう。

ストレス・体調不良

体調不良やストレスの影響で健康な爪が作られず、白くなってしまう場合もあります。睡眠不足が続いたり、仕事でストレスや疲労が溜まっていたり、そんな状態が続くことは爪にも悪影響を与えます。

心当たりがある場合は、しっかりと休息をとって身体を休めましょう。

外傷

タンスの角に足の指をぶつけるなど、強い衝撃が外部から加わると、爪に白い線が入る場合があります。

その場合は、爪が成長すれば自然と生え変わって、キレイな爪に生え変わるでしょう。

病気

まれに、何らかの病気の症状のひとつとして、爪が変色する場合があります。

  • 糖尿病
  • 腎臓病
  • 尿毒症
  • 低カリウム症

例えば、このような病気でも、爪に変化が起こる可能性があります。

もし爪の変色と時を同じくして、何らかの体調不良を感じているとしたら、念のため健康診断を受けた方が良いかもしれません。

白い線の入った爪を健康的にするために

 

私自信の白く線の入った爪を綺麗にするためににつかったのは「クリアネイルショット」という商品です。

クリアネイルショットは竹酢液ティーツリーオイルが配合されていて、表面の汚くなった爪をキレイにしてくれます。

 

 

クリアネイルショットはアプローチ成分が硬い爪の奥まで浸透して、健康的な爪になるのをサポートしてくれます。

毎日使い続けて3か月後には、足の爪の白い線がかなり消えて、爪全体の色つやがよくなりました。

足の爪に白い線が入って汚く見える場合は、クリアネイルショットを使ってみるとキレイな爪に改善されるかもしれませんね。

まとめ

足の爪に白い線が入る理由として、4つの理由を紹介しました。

  • 栄養不足
  • ストレス
  • 外傷
  • 病気

自分自身の生活を振り返って、心当たりがあるようなら適切な対策をとりましょう。特に白い爪が病気のサインの場合は注意が必要です。体調不良を感じるのなら、すぐに医療機関を受診しましょう。

原因に対して適切な対策をとれば、汚い爪の白い線が消えて、ピンク色のキレイな足の爪を取り戻せると思います。

関連記事

-爪を綺麗にする方法

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.