爪水虫の治し方

ダマリンやブテナブロックなどの市販水虫薬が爪水虫に効かない理由と、爪水虫の改善方法

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

水虫になっても、何年も治療をしないで放置しておくと、水虫の原因であるカビ「白癬菌」が硬い爪の中まで侵入して爪水虫(爪白癬)になってしまいます。

長年、水虫に悩んでいるのなら、かなりの確率で爪水虫も併発しているでしょう。

痒みはありませんが、爪の色が変色したり、分厚くなったり、見た目が悪くなります。

 

足の裏に水虫薬を塗るついでに、足爪にも水虫薬を塗りたくっても、爪水虫が改善することはないでしょう。

爪は硬いケラチンで構成されているので、白癬菌を殺菌する有効成分が浸透していかないからです。

市販の水虫薬は爪水虫には効果を発揮しない!!

ドラッグストアに行くと、ダマリンやブテナブロック、ラシミール、エクシブなどの様々な水虫薬が販売されています。

これらの水虫薬は、足の皮膚に感染した白癬菌には有効ですが、爪の中の白癬菌にはまったく効果を発揮しません。つまり、どれだけ爪に塗ったとしても爪水虫が改善することはありません。

クリームタイプ、液体タイプ、パウダータイプ、どれを使っても爪水虫に効果を発揮しないでしょう。付属の説明書を読んでも、爪水虫に効果を発揮するという記載はありません。

このような爪水虫の知識は医師の中でも知らない人が少なからずいて、水虫用の外用薬が有効と考え、爪水虫の患者に処方しているところもあるようです。

 

また、最近では足の爪に特化した商品も多く発売されています。

エクシブきわケアジェル」や「ザンミーラネイル」などです。誤解を招きやすい宣伝をしていますが、これらの商品にも爪水虫を改善する効果は一切ありません。

 

爪水虫を改善させる商品はドラッグストアで販売されていませんし、改善方法はとても限られています。

爪水虫(爪白癬)を改善させる方法

もっとも確実で一般的な爪水虫の治療法は、皮膚科を受診するということです。

皮膚科を受診すれば、足の爪の状況によって適切な治療が受けられるでしょう。

治療法は大きく2種類。

内服薬と外用薬です。

内服薬は「テルビナフィン」や「イトラコナゾール」が有名。この薬を3か月~半年程度継続して服用し続けると、血液を通って有効成分が足爪に届き、内部から白癬菌を撃退します。

欠点は内臓に負担をかけること、副作用が出る場合があること、薬の飲み合わせによっては服用できないことが挙げられます。

 

外用薬で有名なのは「クレナフィン爪外用液」です。クレナフィン外用薬は硬い爪の中にいる白癬菌も殺菌できるように作られています。

欠点は薬局や通販では購入できず、必ず皮膚科を受診する必要があること。6%程度の割合で、副作用が出る場合があることです。

 

皮膚科を受診するのが治療の基本ですが、病院に行かずに自宅で爪水虫を改善することも可能です。

2016年に新しく発売された「クリアネイルショット」という爪水虫ケア商品を使う方法です。

クリアネイルショットは正確には医薬品ではないので、処方箋が必要なく、公式販売サイトから通販で購入できます。

医薬品でないからとっても、爪水虫で汚くなった爪をしっかりキレイにしてくれます。

 

爪水虫になってしまった足爪に、クリアネイルショットを3か月使用し続けた画像がこちらです。

3か月間、毎日クリアネイルショットを塗り続けました。けっこうキレイになってますよね。

関連記事:白癬菌に効かないの?クリアネイルショットが爪水虫の薬ではない理由。

まとめ

ドラッグストアにはたくさんの水虫薬が置いてありますが、「爪水虫に効く」とパッケージ裏の”効能”に表記されている商品はありません。

爪水虫をしっかりと改善させるには、皮膚科に行って薬を処方してもらうか、当サイトで紹介しているクリアネイルショットを爪に塗り続けるのがオススメです。

費用的にはどちらも大差がないと思います。近くに皮膚科があるのなら、しっかり医者に診てもらった方が確実に爪水虫を治療できるでしょう。皮膚科が近くになかったり、病院に行くのが面倒であれば、クリアネイルショットを試してみてはいかがでしょうか。

-爪水虫の治し方

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.