爪水虫の治し方

飲み薬による爪水虫治療の効果と副作用について

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

爪水虫に効く商品として「クリアフットネイル」が発売されていますが、まだまだ爪水虫治療法として主流ではありません。

一般的に爪水虫は飲み薬で治療します。

爪水虫内服薬の効果や副作用を紹介します。

爪水虫治療のための内服薬

爪水虫を治療する内服薬といえば、テルビナフィン塩酸塩を主成分としたラシミール錠という薬と、イトラコナゾールを主成分としたイトリゾールカプセルという薬の2種類があります。

普通の水虫薬を爪に塗っても薬効成分は浸透しません。そのため内服薬を飲み、血液を通して患部に抗菌作用のある薬効成分を送り届ける必要があるのです。

内服薬であれば、外側からではなく”爪の中”から白癬菌を退治することができます。

ラシミール錠

ラシミール錠の有効成分であるテルビナフィン塩酸塩は、白癬菌の細胞膜を破壊する効果があり、強い抗真菌作用があります。

ラシミール錠は1日1回の服用を半年~1年くらい続ける必要があります。

副作用として、ごくまれに肝障害や血液障害が発生する可能性があるので注意が必要です。

イトリゾールカプセル

イトリゾールカプセルは服用することで有効成分イトラコナゾールが爪の中にとどまり、継続的に効果を発揮します。なので、パルス療法という服用の仕方を行う場合があります。

パルス療法とは、「1週間服用し続ける→3週間休む」というサイクルを数度繰り返す服用方法のこと。イトラコナゾールが爪の中に留まるため、服用を休んでいる期間も継続して白癬菌に対する抗真菌作用を発揮します。

パルス療法は服用の期間が短い、副作用が出ずらいといったメリットがあります。

こちらも副作用として、ごくまれに肝障害が起こる場合があります。

内服薬のメリットとデメリット

では内服薬のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 爪水虫が重篤化している場合、内服薬の方が有効に作用する
  • 保険が適用になる

デメリット

  • 肝機能などに副作用が出る場合がある
  • ドラッグストアで販売していないので、かならず皮膚科を受診する必要がある。
  • 完治まで、継続して通院する必要がある。
  • 保険適用とはいえ、完治するまでの治療費が高額になる場合もある。
  • 爪水虫薬を服用している最中は、他の薬を飲めない可能性がある。

爪水虫の内服薬を試してみたいのなら、近くの皮膚科を受診し、医師の指導の下できちんとルールを守って服用しましょう。

肝機能障害の副作用をチェックするために、定期的に血液検査をするかもしれません。皮膚科の医師の指示に従いましょう。

 

もちろん、爪の奥まで浸透する成分を使った塗り薬で、通院せずに自分で治療することもできます。

どちらを選ぶにしろ、爪が生え変わるまでの最低半年は治療を続けなければなりません。爪水虫を完治させるのに一番必要なのは”根気”なんですね。

-爪水虫の治し方

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.