クリアネイルショットの情報

クリアネイルショットを1か月使い続けた感想

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

クリアネイルショットを約1か月ほど使い続けた画像と、使用前の画像を紹介します。

クリアネイルショット使用前の画像は2016年7月21日に撮影したもの。

1か月後の画像は8月19日に撮影したものです。

使うのは1日に1回、お風呂上がりです。約1か月間、1日も欠かさず塗り続けました。

クリアネイルショット使用前の画像と、1か月使用後にどれくらい変化したを画像で比較してみます。

クリアネイルショット

親指の比較画像

 

全体的に白い線が入っています。代表的な爪水虫の症状ですね。

 

クリアネイルショットを1か月毎日塗布し続けました。パッと見ると、白い筋がキレイになってます。

 

写真ではわかりずらいと思いますが、爪の両端がまだまだ白く濁っている状態です。たった1か月で完治は難しいですね。

中指の比較画像

足の人差し指はにごり爪ではないので、次は中指の比較画像です。

 

↓(クリアネイルショットを1か月使用後)

中指も爪の表面の汚い白い筋がキレイになっているのがわかります。

薬指の比較画像

 

↓(クリアネイルショットを1か月使用後)

 

薬指は左上の部分が特に白濁しているので、その部位をヤスリで削ってからクリアネイルショットを塗布しています。

爪の表面はキレイにになっていますが、左上の変色した部分はまだまだですね。

小指の比較画像

 

↓(クリアネイルショットを1か月使用後)

 

小指の爪は一番の重症です。全体に白濁して爪も厚くなっています。

使用後の写真は、にごり爪をヤスリで削っているので、ほとんど爪がない状態になっています。だから写真ではわかりにくいかもしれませんが、正直あんまり効いている気がしません。

たったの1か月でにごり爪がよくなるなんて思っていないので、長期戦覚悟で使い続けたいと思います。

このままマメにヤスリで変色した部分を削りつつ、クリアネイルショットを刷り込んでいけば、1年後には結構良くなってるような気がします。

足指全体の比較と使ってみた感想

 

↓(クリアネイルショットを1か月使用後)

 

クリアネイルショットを1か月使ってみて、やっぱり見た目がキレイになったというのが実感としてあります。

 

爪の側面の皮膚と接している部分は、やはりまだまだにごり爪のままですが、爪の表面は劇的に改善されていますね。

これなら裸足で足の爪を見られても大丈夫なきがします。

にごり爪を健康的な爪にするには1年~1年半使い続ける必要があるといわれています。これからもクリアネイルショットを継続して使い続け、その結果を紹介したいと思います。

-クリアネイルショットの情報

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.