水虫の治療方法と注意点

クリアフットヴェールを幼児や子どもに使う際の注意点

更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

 

クリアフットヴェールは殺菌作用の強い竹酢液(ちくさくえき)やティーツリーオイルが配合されていて、水虫の原因である白癬菌に作用します。

では、クリアフットヴェールは子どもや幼児でも問題なく使えるのでしょうか?

クリアフットヴェールを子どもに使う場合の注意点を紹介します。

クリアフットヴェールは子どもや幼児に使える?

まず最初に結論を申し上げると、クリアフットヴェールは子どもや幼児でも問題なく使うことができます。

その主成分が天然成分である竹酢液やティーツリーオイルなので、第二種医薬品に分類される市販の水虫薬よりも刺激が弱く、安全に使うことができるでしょう。

薬局で売っている水虫薬でも子どもに使って大丈夫なものもありますが、かぶれ・刺激感・ただれ・皮膚の亀裂・発疹・かゆみ・じんましんなどの副作用が現れた場合は、ただちに使用を中止し、近くの医療機関を受診しましょう。

子どもの水虫感染源

水虫と言えば大人がなる皮膚疾患と思われがちですが、子どもでも感染する可能性はあります。

一番多いのが、家族間の感染。

父親や母親が水虫で、それが子どもに移ってしまう場合ですね。

それ以外にも、柔道や剣道などの格闘技をやっていて感染する場合や、プールや温泉レジャー施設で感染するパターンもあります。

水虫は一度感染してしまうと、放っておいて自然に完治することはありません。

もし子どもが水虫になってしまったと気づいたら、早めに処置するのが有効です。

クリアフットヴェールの使い方と注意点

子どもや幼児にクリアフットヴェールを使う場合、お風呂に入った後から夜寝る前に塗布するのが有効です。

使うのは1日に1回で良いですが、早く変化を実感したい場合は朝にもう一度使うのも有効です。

 

万が一、子どもや幼児がクリアフットヴェールを舐めてしまった場合は、念のため水を飲ませて様子を見ます。

何らかの体調の変化があった場合は、念のため医療機関を受診しましょう。

クリアフットヴェールは透明なゼリー状です。子どもが舐めないように気をつけましょう!

 

子どもは皮膚のターンオーバーが活発に行われているので、水虫の治療も大人より短期間で済む可能性があります。

ですがそれでも、最低でも1~3か月は毎日使い続けた方がいいでしょう。

見た目がキレイになって、痒みが消えたとしても、それから1か月程度はクリアフットヴェールを使い続けるのが大切です。

クリアフットヴェールは使い続ければ使い続けるほど、足の裏を”水虫になりにくい環境”に整えることができます。

子どもの水虫の再発を防ぐために

子どもの水虫が完治したとしても、再発しては意味がありません。

水虫が再発しないために大切なのは、足を清潔に保つこと、そして家族の水虫もしっかりと治療することです。

白癬菌は感染力が弱いので、1日に1度、足をちゃんと洗って乾燥させれば、ほとんど水虫に感染することはありません。

また、白癬菌は湿気がある状態で活性化するので、靴をずっと履いている状態は避け、足先を乾燥させることも大切です。

 

一番大切なのは、家族の水虫も同時に治すってこと。

家族に水虫の人がいると、常に感染のリスクにさらされていることになるので、もし長年水虫に悩んでいる家族がいるのなら、クリアフットヴェールを使うか近くの皮膚科を受診して相談してみましょう。

女性用

-水虫の治療方法と注意点

Copyright© 爪水虫の治し方.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.